スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そばの里 森林の楽校2009秋

9月19日(土)~20(日)に行われた
「そばの里 森林の楽校」(富山県南砺市)
の報告です。
参加者は、12名(内地元3名)で行われました。


mDSCF0122.jpg
秋恒例のそば打ち体験です。


mDSCF0088.jpg
1日目は、遊歩道の下草刈りを行いました。。
下草は、のび放題です。


mDSCF0122.jpg   mDSCF0132.jpg   mDSCF0136.jpg
2日目は、秋恒例のそば打ち体験です。
みなさんの出来はいかがでしたか?



参加者の声

 私は今回の利賀村での森林・そば打ち体験を通じて学
んだことはたくさんありました。その中で、最も一番の
収穫は、地元の方々との交流でした。初日の遊歩道の草
刈りでは、かなりの傾斜地での作業に悪戦苦闘でした。
 しかし、山での作業の途中で、動植物の種類、木の名
前、またその木や植物の利用方法など詳しく説明してく
ださり、驚きと発見の連続でした。
 昔の人々の生活の糧だった木や山菜など、昨今では、
生活の変化からあまり利用されなくなってきていると思
います。少し寂しい気持ちになりましたが、夜の夕食で
の山菜料理は格別の味でした。改めて、山里の生活や文
化を大切に受け継いでいくことの重要さと苦労が身に染
みました。その土地でしか味わえないもの、文化や生活
スタイルが生き生きとして見え、感動しました。
 二日目では、地元の方々と村内の施設の周りの草刈り、
そば打ち体験を行いました。草刈りでは、地元の方々の
パワーと情熱には少し圧倒されました。しかし、無事ケ
ガもなく、地元の方々のお役に立てたことがうれしかっ
たです。作業終了時、おじいさんの「ありがとう。」の
一言が、今でも脳裏に焼きついています。
 そば打ち体験では、地元のそば粉を使った「二八そば」
を打ち試食しました。私自身、そばには興味があり、好
きな食べ物でもあります。以前、自分の畑で栽培し、刈
り取ったそばの実を粉にし、そばを打ちましたが、失敗
に終わりました。しかし、今回の体験では、先生方のご
指導のもと、上手くそばが打てたことはいい経験になり
ました。そして、「うまい!」の一言でした。地元の方
々には感謝しております。
 今回の体験を通じて感じたことは、山ほどありました
が、何と言っても、「人と人とのつながり」をもっと大
事にしようと思いました。私自身、静岡の田舎町で育ち、
一度都会にも出て生活もしました。現在は、地元で生活
をしております。仕事は主に林業をしておりますが、山
を守り育てていくことも大事だと日々痛感しています。
私も慣れ親しんだ地域を大切にすると同時に、昔からの
文化、山里での知恵を大事にしていかなければならない
と思います。今回の体験ツアーに参加して、新たに山里
で生活する発想というか、アイディアが生まれました。
古き知恵を大事にし、新しいことに田舎で挑戦していく
には、最も基本的なことだと考えています。お年寄りの
経験したことも真摯に耳を傾けていきたいと思います。
 利賀村で二日間、お世話になった地元の方々、樹恩ネッ
トワークの方々に大変感謝しております。また、いつか
利賀村の地を再び訪れてみたいと思いました。心温まる
交流の場を提供してくださったこと、何よりも元気をも
らったことを忘れないで日々努力していきたいです。
「ありがとうございました。」


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

eventjuon

Author:eventjuon
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。